健康から美容を意識する|骨盤とダイエット

適切な方法を選ぶ

自身に合った方法を選びましょう

温熱療法とは人体に熱を加える事で生体治療を行う医療行為で、血流やリンパの流れを良くしたり、熱刺激でツボを刺激し気の流れを良くするのが目的です。鎮痛・鎮静効果や、末梢血管の拡張と血流増加、代謝亢進などの効果が期待できます。 使われる熱源には、もぐさを皮膚の上で燃やすお灸などの燃焼エネルギーや、ライト照射による赤外線や可視光線、マイクロ波や蒸気など様々な種類が存在しています。 表在熱と深部熱を加える方法があり、自身の症状に合わせた温熱療法を選ぶのが重要です。 表在熱は家庭でも実践できる風呂や、ホットパック・パラフィン浴などがあります。深部熱は超音波などを使って身体の内部を温めるため、病院や専門機関で施術を受ける必要があります。

温熱療法が効果のある病気とは

お灸などの方法で昔から健康のために活用されてきた温熱療法ですが、現在では特定の病気に向けた専門の治療法が開発されるなど、利用の場が広がってきています。 保険適用外の治療ではありますが、高周波ハイパーサーミア療法はがん治療に用いられています。人の細胞が高温になると急速に死んでしまうため、それを利用しがん細胞にのみ高温の熱を与えて死滅させる事を目的に考案されました。 現時点では温熱療法だけでがんを治せるわけではありませんが、今もなお研究・開発が進んでおり、将来的にがん細胞の増殖を遅らせ休眠状態にする事が期待されています。 温熱療法は様々な病気に効果があったり、症状を和らげることが判明してきてるので、治療現場により一層取り入れられていく事が予想されます。

Copyright (c) 2015 健康から美容を意識する|骨盤とダイエット all reserved.