法律トラブルは弁護士に相談【トラブルをスピーディーに解決】

記事リスト

あなたを助ける専門家

男の人

相談内容で異なる相談先

いざ遺言書を作成しようすると、何を書けばいいのか分からないと頭を抱える方が多くいらっしゃいます。遺言書は法律に則り作成しなければ、有効だとは認められません。財産を事細かく記載する必要がある上に、誰にどの財産をどれほど相続させるのかも明確にしなければなりません。専門的な知識が必要となるため、専門家のサポートを受けましょう。しかし、どの専門家が遺言書作成の相談に対応しているのでしょうか。大阪で相続相談ができる専門家は、主に行政書士・司法書士・弁護士・税理士が挙げられます。代書屋とも言われる行政書士は、気軽に遺言書作成を相談できる士業です。自筆遺言書のほかに、公正証書遺言も作成可能です。また、相続人の調査を行うほか、相続発生後は株式や自動車の名義変更にも対応しています。ただし、不動産の名義変更は依頼できません。不動産の名義変更も相談したいとお考えの方は、司法書士に相談しましょう。大阪の各地の法務局近辺に事務所を構えている司法書士は、登記のスペシャリストです。遺言書作成から遺産分割協議書の作成、相続登記まで相談に対応しています。また、相続放棄や遺言の執行、遺言書の検認の相談もでき、親族間で争いが起きていない方に最適な相談先です。もし、親族間で争いが起きる可能性がある、または争いが起きている場合には、弁護士に相談すべきです。遺産分割の調停や審判の代理人としてサポートしてくれるため、スムーズに争いを解決できます。大阪弁護士会や法テラスを利用することで、無料で相談することも可能です。相続税の対策が必要な場合には、税理士に相談しましょう。生前贈与や法人を利用した節税など、様々な手段を使い相続税対策を提案します。大阪には3000を超える税理士事務所があるため、相続を特に得意としている税理士に相談するといいでしょう。